あきゅうせいきびょうしょう

亜急性期病床


 急性期を過ぎた患者で継続して入院が必要な方に効率的で密度の高い医療を提供する亜急性期入院管理料を加算できる病床のことであり、専任の在宅復帰支援者を配置して患者の在宅復帰を支援していることや診療録(カルテ)管理体制加算を算定していること等が必要です。

[このページの先頭に戻る]