いじき

維持期


疾患は大きく急性疾患と慢性疾患に分けられます。急性疾患は更に、発症間もない急性期、引き続いて緩やかに病状が回復している回復期に分けられます。維持期とは回復期の後に障害が残った場合など、引き続いてリハビリテーション等の医療や介護が必要とされる状態を言います。

[このページの先頭に戻る]