けいひてきかんどうみゃくけいせいじゅつ

経皮的冠動脈形成術


 虚血性心疾患において、皮膚からカテーテル(柔らかく細長い合成樹脂性の管)を血管内に挿入し、狭窄や閉塞を起こしている冠動脈(心臓の栄養血管)まで到達させて行なう治療です。病変部位の血管の拡張により、血流の改善を図ります。

[このページの先頭に戻る]