けっかくかんじゃしゅうようもでるじぎょう

結核患者収容モデル事業


 結核患者の高齢化等に伴い合併症を有する結核患者又は精神障害者で入院を要する結核患者等に対して、一般病棟又は精神病棟に収容し、治療するために適切な基準を策定することを目的とした事業です。

[このページの先頭に戻る]