こうびょうげんせいとりいんふるえんざ

高病原性鳥インフルエンザ


 鳥に対して強い病原性を有するインフルエンザウィルスによる感染症です。本来鳥にしか感染しませんが、近年、ヒトへの感染例が報告されており、突然の高熱、咳、重篤な肺炎、その他の全身症状を引き起こします。中国、ベトナム、トルコ等多くの国から死亡例が報告されています。高病原性鳥インフルエンザウィルスが更に変異を起こして、ヒトからヒトへ容易に感染する新型インフルエンザが出現する可能性が危惧されています。

[このページの先頭に戻る]