たざいたいせいけっかく

多剤耐性結核


結核治療の第一選択薬であるイソニコチン酸ヒドラジド(INH)及びリファンピシン(RFP)の両方に耐性を有する結核をいいます。患者が正しく抗結核薬を服薬しなかったり、完治する前に服薬を中止したりすると、多剤耐性結核菌が出現します。一般の結核に比べ、多剤耐性結核の治療は著しく困難であると言われます。

[このページの先頭に戻る]