ちいき(いりょう)れんけいぱす

地域(医療)連携パス


 急性期の医療機関から回復期の医療機関を経て自宅に戻るまでの治療経過に 従って、各期間ごとの診療内容や達成目標等を明示した治療計画です。患者や関係する医療機関で共有することにより、効率的で質の高い医療の提供と患者の安心の確保が見込まれます。将来的には医療だけでなく健康づくりや福祉まで連動させた地域連携パスの構築が望まれます。

[このページの先頭に戻る]