ちいきがんしんりょうれんけいきょてんびょういん

地域がん診療連携拠点病院


 地域におけるがん診療連携を推進するために、二次保健医療圏を基本に、一定人口規模(概ね人口50万人程度)単位で設置される医療機関のことです。

[このページの先頭に戻る]