ちいきしゅうさんきぼしいりょうせんたーおよびどうくらすのびょういん

地域周産期母子医療センター及び同クラスの病院


 平成18年度に行なわれた千葉県産婦人科医会から千葉県への提言をもとに産科医療に係る連携体制について検討し、平成19年3月に取りまとめられた「産科における医療資源の集約化・重点化を検討するワーキンググループの中間報告」にある13病院であり、周産期に係る比較的高度な医療を提供し、24時間体制で患者を受け入れる医療施設のことです。

[このページの先頭に戻る]