ちいきほうかつしえんせんたー

地域包括支援センター


 地域住民すべての心身の健康の維持、生活の安定、保健・福祉・医療の向上と増進のために必要な援助、支援を包括的に担う地域の中核機関として創設されました。
・運営主体:市町村、または市町村から委託された法人(在宅介護支援センターを運営する社会福祉法人、医療法人等、その他省令で定められた要件に適う法人)
・エリア:小・中学校区、保健福祉圏域、合併前の行政エリア、地形、人口分析などに基づく生活圏域を踏まえ、一つの地域包括支援センターがカバーするエリアを設定
・スタッフ:保健師、社会福祉士、介護支援専門員など

[このページの先頭に戻る]