なんびょうかんじゃとうきょたくせいかつしえんじぎょう

難病患者等居宅生活支援事業


 地域における難病患者等の日常生活を支援するため、難病患者のホームヘルプ サービス、短期入所、日常生活の給付(実施主体は市町村)及びホームヘルパー養成研修(県が実施)を行う事業で、難病患者等の自立と社会参加の促進を目的としています。

[このページの先頭に戻る]