にじきゅうきゅういりょう

二次救急医療


 初期救急医療機関で入院や手術を必要とすると判断された救急患者や重症患者に対応する医療のことを指します。各地区において病院等が当番制で夜間・休日に対応する「病院群輪番制」により実施しています。

[このページの先頭に戻る]