てきじおよびてきおんによるしょくじのていきょう

適時及び適温による食事の提供


患者の年齢、病状によって適切な栄養量及び内容の食事の提供が適時に、かつ、適温で行われている場合を指す。「適時」とは夕食に関しては午後6時以降に行われている場合、また「適温」とは食事の提供のために保温・保冷配膳車、保温配膳、保温トレイ、保温食器、食堂のいずれかを用いている場合を言う。

[このページの先頭に戻る]