とうにょうびょうせいもうまくしょう

糖尿病性網膜症


糖尿病の3大合併症の1つで、網膜の細かな血管に異常が生じ、組織の維持に必要な酸素や栄養が不足するため網膜症となります。多くは自覚症状がないまま進み、適切な治療を受けないと進行して失明に至ります。糖尿病性網膜症は中途失明の原因の第1位となっています。

[このページの先頭に戻る]