きょたくかいごしえんじぎょうしょ

居宅介護支援事業所


介護保険法に規定する居宅要介護者が、指定居宅サービス等の適切な利用等をすることができるよう、当該居宅要介護者の依頼を受けて、その心身の状況、その置かれている環境、当該居宅要介護者及びその家族の希望等を勘案し、利用する指定居宅サービス等の種類及び内容、これを担当する者その他厚生労働省令で定める事項を定めた計画を作成するとともに、当該居宅サービス計画に基づく指定居宅サービス等の提供が確保されるよう、指定居宅サービス事業者等との連絡調整その他の便宜の提供を行い、並びに当該居宅要介護者が地域密着型介護老人福祉施設等への入所を要する場合にあっては、地域密着型介護老人福祉施設等への紹介その他の便宜の提供を行う事業所。


都道府県の指定を受けた居宅介護支援事業所では、所属する介護支援専門員(ケアマネージャー)が、介護保険法に定める者で、介護・支援を必要とする者(以下、「要介護者等」)からの相談を受けます。要介護者等がその心身の状況等に応じた適切な介護サービスを利用できるように、市町村・居宅サービスを行う者・介護保険施設等との連絡調整等や介護サービス計画を作成し、日常生活を営むために必要な援助を行います。


【居宅生活支援事業とは】
居宅介護(ホームヘルプ)や短期入所(ショートステイ)、グループホームなど、障害者の地域生活を推進する事業を指します。

[このページの先頭に戻る]