ようしどういやくひん

要指導医薬品


薬剤師の対面による薬学的知見に基づく指導、情報提供等が必要な医薬品であり、ダイレクトOTC薬(医薬品のうち、医療用医薬品も含めて初めての有効成分を含有するもの)、スイッチ直後品目(医療用から一般用に移行して間もなく、一般用としてのリスクが確定していない医薬品)、毒薬及び劇薬が該当します。

[このページの先頭に戻る]